トップ事業の取り組み > 調剤について

調剤について

キリン堂は、薬局から医療提供施設へ生まれ変わりました。患者さん宅・介護施設などへの、お薬の配達・訪問服薬指導を行っていくことで、地域医療への貢献を目指します。

新たなニーズに対応できる真の「かかりつけ薬局」の機能を提供

キリン堂は、創業以来、「未病」「医食同源」をテーマに、お客様一人ひとりに合わせたカウンセリング販売を実施。店頭での健康フェアなどを通じて、食生活や生活習慣のご相談に対応し、適切なアドバイスを行っています。
また、地域における医療提供施設としての機能強化を図るため、調剤併設店舗を展開するほか、患者さん宅・介護施設などへ薬の配達・服薬指導を行うなど、新たなニーズにも対応できるよう努めています。これからも豊富な経験に裏づけされた“安心”と“信頼”を基盤とし、地域の皆さまの「かかりつけ薬局」の機能をさらに高めていきます。

身近で信頼される薬剤師を育成

薬のことはもちろん、普段から気軽に健康についてアドバイスできる、お客様にとって最も身近な相談相手である薬剤師。キリン堂の薬剤師は、調剤を行うだけでなく、患者さんとのコミュニケーションを重視し、悩みを理解した上で、患者さんに合った服薬指導を行っています。専門的な調剤スキルの習得に加えて、患者さんの不安や思いを引き出しサポートできる、地域のお客様に信頼される薬剤師を育てています。

調剤併設型店舗を展開

少子高齢化という社会構造のもと、医薬分業が進みセルフメディケーションが求められるなど、OTCと調剤薬局が併設されたDrug&Pharmacyが必要とされています。
キリン堂では、調剤を併設できるスペースを確保しており、地域のニーズに応じて、調剤併設型へと順次移行していく予定です。また、大型病院の門前薬局や医療モールへの出店も行っています。

在宅医療

ドクターや看護師など、多職種の方々と連携して、通院が困難な患者さん宅や近隣施設の入居者の方に、お薬の提供と服薬支援を行っています。
キリン堂では、患者さんが安心して服薬されているかどうか、服用中に副作用をはじめとした変化がないか等を確認し、処方せん薬の調剤から健康サポートまで行っています。
今後ますます進む超高齢社会において、キリン堂は地域完結医療に主体的に参加することで、地域医療への貢献を目指します。