未病のおはなしⅡ 第1回

からだと密に関わる“食べること”

私たちは、体調を痛みや疲れなどと同様に「食欲」で感じることがあります。「なんだか食べる気がしない」「あっさりしたものが食べたい」「肉が食べたい」のように、その時々でからだの訴えを聞いているのです。また、苦味のビールが、仕事のあとに飲むと特においしいのはなぜでしょう?
疲れている時「甘いものを食べると幸せな気分」になりませんか?
このようなことからも、食べものの「味」や「性質」がからだに大きく影響することがわかります。
中国の医学書「黄帝内経」によると、味は酸味・苦味・甘味・辛味・鹹味-かんみ-(塩味)の5種に分類されており、西洋ではギリシャのアリストテレスが示した7種を集約して、酸味・苦味・甘味・塩味の4種の組み合わせで味が決まるとしています。和食には、それに「旨味」が加わっているのが特徴です。
「医食同源」ということばは中国の「薬食同源」を日本人が言い換えたもので、「病気を治すのも食事をするのも、生命を養い健康を保つためで、その本質は同じ」という意味。日々の食事が健康のために重要であることを示しています。
昔から、動物は栄養をとったり、不調を治したりするためにはどの植物や鉱物を食べればいいのかを経験として積み重ね、ヒトがそれを薬と食べものに分類してきました。今でも漢方薬の生薬が食材として使われているものもあります。最近「からだを温める」とブームになった「生姜-しょうが-」もそのひとつです。ドリンクやキャンディからサプリメントまで多くの商品があり、漢方薬「葛根湯」にも「生姜-しょうきょう-」という生薬として含まれています。とはいえ、同じ栄養だからと豚肉の生姜焼きの代わりにプロテインと生姜サプリを飲んでは満足できません。それはなぜなのか。次回にお話したいと思います。

監修:キリン堂 未病医療サポート室 杉本幸枝(薬剤師)